読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

SONAR アルペジエーターの使い方(応用編)

SONAR

アルペジエーターを使いこなそう

アルペジエーターにはさまざまな設定が用意されています。

これらをこまかく設定していくことでより自分のイメージに合ったアルペジオフレーズを作ることができます。

今回は前回よりも少し細かい設定をご紹介していきます。

 

アルペジエーターの簡単な使い方はこちらをご参照ください

blog.otomanavi.com

 こちらで音の強さやタイミング、長さなどを調整することができます。

f:id:otomanavi:20170326145231j:plain

「Vel」音の強さ、通常は100%にしておきましょう。

「Swing」%を設定して音をスウィングさせることができます。

「Dur」音の長さを変更できます。私はアルペジオではここをよく設定します。長さを短くして歯切れをよくしたり、逆に長くしてふぉわふぉわ感を出したりなど使えます。

「Pitch」音程を変更できます。

「Flam」音にフラム効果(装飾音符のような前打音)が付きます。

 

 

こちらはプリセットを開くことができます。

f:id:otomanavi:20170326145233j:plain

 

なんと楽器ごとのバッキングやフレーズなのどの奏法が収録されています!これはアルペジエーターだけで結構作れてしまうのでは!?

f:id:otomanavi:20170326145235j:plain

 

こちらはちょっと変わった効果で、アルペジオに変更した音と変更前の音を混ぜ合わせることができるツマミです。通常は左側0.0%でアルペジオの音だけが鳴るようになっています。

f:id:otomanavi:20170326145240j:plain

 

これを約50%くらいにしてみると・・・アルペジオとアルペジオに変換される前の全音符で伸ばしているコードの音が同時に流れました。アレンジで徐々にコードの音がアルペジオに変っていくという効果を出すという感じで使ったら面白そうです。

f:id:otomanavi:20170326145238j:plain

 

最後はアルペジオの反映です。これはホントによく使える機能になります。

通常はアルペジオを設定しても元のコードの音には変化がありません。

でも実際の分散された音を見てみてさらに音を変えたりアレンジしたいという時にこの機能が使えます。

f:id:otomanavi:20170326145242j:plain

 

MIDIのクリップの上で右クリックして「クリップにバウンス」を選択します。

f:id:otomanavi:20170326145244j:plain

 

なんと、実際のMIDIデータもアルペジオになりました!

f:id:otomanavi:20170326145247j:plain

 

アルペジオはプリセットされたものを少し改造して使うことによりオリジナリティが出てきます。1音だけ変えるだけでもOKです。自分だけのフレーズを作ってみてください!

 

音楽教室のオトマナビではSONARの使い方や曲作りなどのレッスンをやっています。

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com