オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

SONAR 楽曲のテンポを変えるとオーディオデータがずれてしまう時の対処法

オーディオスナップでプロジェクトのテンポに従う

MIDIデータとオーディオデータが混ざった楽曲のテンポを変えた時にオーディオデータだけがずれてしまったという経験ありませんか?

f:id:otomanavi:20170327151826j:plain

実はオーディオデータはオーディオデータ自体に独自のテンポを持っています。

例えばテンポ120で録音されたギターのオーディオデータは120というテンポを持っています。

ですのでSONAR(プロジェクト)の方でテンポを指定してあげても、そのテンポには従ってくれないのです。常にオーディオデータは独自のテンポで再生されます。

そんなオーディオデータですが、SONARのテンポにしっかりと従わせる方法があります。

オーディオスナップという機能を使うのですが、結構便利なのでぜひ覚えて使ってみてください。

 

まずは目的のオーディオデータ(クリップ)をクリックして選択します。

f:id:otomanavi:20170327151828j:plain

 

画面左側のインスペクタ画面の「Clip」をクリックして点灯させ、「AudioSnap」をクリックしましょう。

f:id:otomanavi:20170327151830j:plain

 

「有効」の四角をクリックしてチェックマークを入れます。

f:id:otomanavi:20170327151832j:plain

 

チェックマークが入ったらもう一度、オーディオのクリップをクリックしましょう。

f:id:otomanavi:20170327151834j:plain

 

「プロジェクトのテンポに・・」の四角をクリックしてチェックマークを入れます。

f:id:otomanavi:20170327151845j:plain

 

このようにチェックマークが二つ入った状態になればOKです。

f:id:otomanavi:20170327151847j:plain

 

テンポを変えて試してみましょう。最初のテンポは110でした。

f:id:otomanavi:20170327151849j:plain

 

テンポを90にしてみてもオーディオデータはずれずにSONARのテンポに従ってくれています。

f:id:otomanavi:20170327151851j:plain

 

オーディオスナップを使うことでオーディオデータをよりMIDIと同じ感覚で扱えるようになります。

テンポの変更は変更幅が大きすぎたり、元のテンポよりテンポを下げた時に粗が少し出てきます。オーディオデータにノイズが乗ってしまうのです。

テンポを早くする分にはほとんど違和感がないと思います。

いろいろとテンポを変えてみてお試しください!

 

音楽教室のオトマナビではSONARの使い方や曲作りなどのレッスンをやっています。

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com