読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY、Singer Song Writer 歌詞の入力方法

ABILITY Singer Song Writer

譜面に歌詞を入力してみよう

ABILITY、Singer Song Writer シリーズではスコアエディタ(譜面画面)で歌詞を入力することができます。

今回はこの歌詞の入力方法をご紹介いたします。

f:id:otomanavi:20170407161326j:plain

 

スコアエディタを開いて、「Lyric」をクリックして点灯させます。

f:id:otomanavi:20170407161332j:plain

 

青く点灯すると譜面の下部分に歌詞を入力するスペースが表示されます。

※デフォルトで歌詞はトラック1の譜面の下に表示されるようになっています。

f:id:otomanavi:20170407161334j:plain

 

歌詞に対応する音符の下の部分(赤く囲った部分)をダブルクリックします。

f:id:otomanavi:20170407161337j:plain

 

テキスト入力ができるようになるので歌詞を入力しましょう。

f:id:otomanavi:20170407161339j:plain

 

歌詞は1音符に1文字になります。

入力し終えたらパソコンの「Enter」キーを押すことで、続けて次の音符の歌詞を入力することができます。

f:id:otomanavi:20170407161342j:plain

 

こんな感じでどんどん入力していきましょう。

f:id:otomanavi:20170407161345j:plain

 

歌詞は1番から4番まで書くことができます。

試しに2番の歌詞も入力してみました。

f:id:otomanavi:20170407161348j:plain

 

英語の歌詞の場合は基本、1音符に1単語になります。

※音節が分かれている単語はその分音符が必要になります。例えば2音節の単語であれば2音に分けて入力します。

f:id:otomanavi:20170407161350j:plain

 

歌ものの曲などではメロディの下に歌詞を書くことでより見やすい譜面になります。

ぜひお試しください!

 

オトマナビで一緒にオリジナルソングを作ってみませんか?

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com