読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY、Singer Song Writer スコアエディタで音符入力を速くするコツ

音符入力のスピードを上げよう!

皆さんはスコアエディタでどのように音符を入力していますか?

今回は音符を入力する時の入力スピードを上げるちょっとしたコツをご紹介します。

f:id:otomanavi:20170423145426j:plain

 

まずは例としてこんな譜面を入力するとします

f:id:otomanavi:20170423145428j:plain

 

通常はノートパレットを表示させて入力したい音符を選択しますよね

f:id:otomanavi:20170423145431j:plain

 

そして頭から順番に入力していくと思われます。

f:id:otomanavi:20170423145432j:plain

 

途中で違う種類の音符を入力する時に、ノートパレットで音符を持ち替えます・・

f:id:otomanavi:20170423145434j:plain

ここです!

実はこのノートパレットで音符を持ち替えると動作がちょっとした時間のロスになっています。

今回の楽譜では四分音符を入力した後にまた八分音符の入力があります。

これですと音符の切り替えが2回になってしまいます。

 

そこでちょっと工夫してみましょう!

四分音符を飛ばして八分音符だけを最初にすべて入力してしいます。

f:id:otomanavi:20170423145436j:plain

 

 

そして最後に四分音符を入力します。

これですとノートパレットでの音符の切り替えが1回で済みます。

f:id:otomanavi:20170423145437j:plain

 

このように同じ音符をなるべく連続して入力することでノートパレットでの音符切り替えの時間が節約できます。

DTMを始めたばかりの頃は頭から順番に音符を入力していく方が分かりやすく簡単です。入力に慣れてきたところでスピードを求めだした時に今回のワザを思い出してお試しいただければと思います!

 

オトマナビで一緒にオリジナルソングを作ってみませんか?

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com