オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

Mac版SONARを使ってみました(プラグインエフェクト、ファイルの保存)

プラグインエフェクトの起動とファイルの保存を試してみました

SONAR Mac Prototypeに収録されているプラグインエフェクトを起動してみました。また作ったプロジェクトの保存も試してみたのでご紹介していきます。

 

プラグインエフェクト

オーディオトラックのFX欄で右クリックしてプラグインエフェクトを挿入することができます。

 

SONAR Mac Prototypeに収録されているプラグイン

Cakewalkフォルダ→「Sonitus:fxが10種類」と「z3ta+」が2種類f:id:otomanavi:20170426130227j:plain

 

Overloudフォルダ→「TH3」ギターアンプシミュレータです

f:id:otomanavi:20170426130228j:plain

 

プラグインエフェクトは結構しっかり揃っています。昔のSONARライト版にあたるミュージッククリエーターなどはSonitus:fxが2種類くらいしか入っていなかったように記憶しています、たしかイコライザーとリバーブだったような。Sonitus:fxのコンプレッサーが使いたいのにコンプがない・・といった感じだったのですが、今回のSONAR Mac PrototypeにはSonitus:fxが10種類用意されていたので驚きました、太っ腹ですね。

 

Sonitus:fxのコンプレッサーを起動してみました。

プリセットもWin版と同じく用意されていました。Win版と同じように使えそうです。

f:id:otomanavi:20170426130230j:plain

 

プロジェクトの保存

作った楽曲(プロジェクト)の保存を試してみました。

ファイル→「名前を付けて保存」

※メニューバーのファイルという文字が表示されないことが何回かありました。SONAR再起動で直りましたが少々不安定です。

f:id:otomanavi:20170426130232j:plain

 

ファイル名を付けたり、ファイルの保存する場所を選択したりするダイアログはWin版と同じでした。

f:id:otomanavi:20170426130234j:plain

 

ファイルの種類もプロジェクト、バンドル、MIDIと用意されています。

f:id:otomanavi:20170426130235j:plain

 

ファイルの保存場所をデスクトップに指定して保存してみたところ、デスクトップ上に保存したファイルが表示されませんでした。

プロジェクトファイル、バンドルファイルと試しましたがどちらも保存したファイルが表示されません。

ファイルの保存に失敗したのかと思ったら、SONARを起動するとスタートスクリーン上に最近使ったファイルとして、先ほど保存したファイル名が表示されています。開いてみると問題なく開きました。

ファイルを保存する場所を変えることができないのでしょうか。このあたりもまだ不安定な感じがしますね。

 

2017.05.07追記

デスクトップへ保存したファイルが表示されるようになりました。コマンドセンターなどで特にアップデートはかけていないので、行った操作はパソコンの再起動のみです。

 

音楽教室のオトマナビではSONARの使い方や曲作りなどのレッスンをやっています。

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com