読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

SONAR インプットクォンタイズで録音と同時にタイミングを補正しよう

インプットクォンタイズを使ってみよう

MIDIキーボードを使ってリアルタイム録音をしている方にオススメなのがインプットクォンタイズという機能です。

 

通常リアルタイム録音で入力した音のタイミングがずれた時には

f:id:otomanavi:20170516152236j:plain

 

クォンタイズという機能で入力した後からタイミングを修正していると思います。

f:id:otomanavi:20170516152237j:plain

 

クォンタイズを適用すると音のタイミングが修正されます。

f:id:otomanavi:20170516152239j:plain

 

この方法ですと入力した後に毎回クォンタイズをかける必要があり少々面倒ですよね。

そんな時にオススメなのが、入力と同時にクォンタイズもかけてくれる「インプットクォンタイズ」という機能です!

 

インプットクォンタイズはインスペクタ画面に用意されています。

f:id:otomanavi:20170516152241j:plain

 

こちらのボタンを点灯させることで録音時にインプットクォンタイズがかかるようになります。

f:id:otomanavi:20170516152242j:plain

 

次にクォンタイズをかけたいタイミングのグリッドをこちらから選択しましょう。

f:id:otomanavi:20170516152244j:plain

 

実際にリアルタイム録音してみると音符が入力されると同時にクォンタイズもかかっているのがわかります。これは便利です!

f:id:otomanavi:20170516152246j:plain

 

このように入力されたデータはクォンタイズがかかった状態ですのでタイミングがばっちりです。

f:id:otomanavi:20170516152247j:plain

 

インプットクォンタイズをかけるときは入力する音符の細かさに気をつけるようにしましょう。入力するデータの最小のグリッドに合わせてインプットクォンタイズのグリッドを設定するのがコツになります。

たとえば入力するデータに8分音符の細かさのものがある場合はインプットクォンタイズのグリッドを8分音符に設定しておくといいでしょう。

 

音楽教室のオトマナビではSONARの使い方や曲作りなどのレッスンをやっています。

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com