読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オトマナビブログ

ミュージックスクール オトマナビ

ABILITY、Singer Song Writer ボリュームフェーダーで調整した音量レベルが元に戻ってしまう

ボリュームが変えられない!?

トラックの音量ボリュームをインスペクタ画面のフェーダーを使って設定しても、データを再生させるとボリュームが元に戻ってしまうことがあります。

これはデータの中に音量を変更させるMIDI情報が入力されている時におこる現象です。

 

フェーダーで音量を設定してもデータ再生時に元に戻ってしまう

f:id:otomanavi:20170518123310j:plain

 

そんな時はこちらをチェックしてみましょう。

トラックの「+」マークをクリックします。

f:id:otomanavi:20170518123311j:plain

 

トラックのすぐ下にオートメーションレーンというレーンが表示されます。

矢印のところをクリックして「Volume(7)」を選択しましょう。

f:id:otomanavi:20170518123313j:plain

 

赤く囲った部分が音量を変更するというMIDIイベント情報になります。

これがあるとDAWはこの情報に従って音量を調整してしまいます。

f:id:otomanavi:20170518123315j:plain

 

これをマウスで囲んで選択して、パソコンのキーボードの「Delete」ボタンで削除しましょう。

f:id:otomanavi:20170518123316j:plain

 

このように音量を変化させる情報を消してしまいます。

f:id:otomanavi:20170518123318j:plain

 

消した後は矢印の「-」ボタンをクリックしてオートメーションレーンを閉じます。

f:id:otomanavi:20170518123319j:plain

 

この状態であればボリュームフェーダーで音量を調整することができます。

データを再生してもフェーダーの音量が変わってしまうことはありません。

f:id:otomanavi:20170518123321j:plain

 

基本的に自分でデータを作っている時は音量情報などはデータの中に書き込まないで、インスペクタ画面のボリュームフェーダーを使って調整することをオススメします。

ボリュームフェーダーを使うことでデータを再生させて聞きながらリアルタイムに音量を調整することができます。

 

オトマナビで一緒にオリジナルソングを作ってみませんか?

インターネットを使って作曲やDTMが勉強できるスクールです。

レッスンは講師とのマンツーマンなのでご自身のペースでしっかり学べます。

機材の購入からセッティングの相談までレッスンいたします。

ご興味のある方はぜひ一度体験レッスンをお試しください。

www.otomanavi.com